FC2ブログ


10月24日(木)頃にビットコインが急に、1BTC80万円あたりから1万ドル突破の108万円という、なんと4割も急上昇をしました。

ビットコインは数ヶ月前にも、40万円からなんと150万円近くまで上昇し、しかしその後100万円あたりで行ったり来たりで、その後最近は徐々に下げて、80万円あたりまで下げ続けました。

そしてまた大きな急上昇です。なぜこうなったのでしょうか?


◎儲ける秘訣は…

ビットコイン、半日で4割急騰 習氏の発言で買い殺到?

中国政府は今までは、仮想通貨に対しては否定的な態度でした。しかし中国人の多くは仮想通貨を購入しています。

過去のビットコインの上昇も、中国人の買いが多いと言われています。そして今回の政府要人の発言です。

またフェイスブックが発行しようとしている仮想通貨のリブラは欧米でも、まだ認められていませんが、政府要人が仮想通貨の発言をする時点で、今までと比べると進展し始めている良いことです。

前の上昇と下落も、ここ数日も、そして仮想通貨以外の株や為替も、値動きというのは似たようなパターンが多いです。

それは最初に急上昇し、そこから少し乱高下し、その後徐々に下げるか、高値どまりな横横状態が続きます。

仮想通貨は徐々に下げ続けて、ドル円の現在は少し高値どまりな小さい上下のレンジ状態です。

今はビットコインもドル円も、どうも上なのか下なのか分からなくなってきました。

両方とも、真ん中よりちょっと上な価格のような気もします。年末にかけてまで上昇し、そこから毎年のように下げ続けるような感じもします。

ちょっと前までは、ビットコインもドル円も悪材料が多かったような気がしますが、最近は逆に下がる材料が少ない感じもします。

しかしそれも急に変わったりするのが相場です。やはりその動くのを待つしかないのかなっと思っています。

ドル円は大きな変動をあまりしないので、短期トレードでも良いと思いますが、仮想通貨は1日で為替の10倍の6%ぐらいの上下をすることもあるので、むしろかなり下げた後の底値で買い、20%ほどの上昇をしたら利食いをしても良いかもしれません。

数日前は40%も上昇しましたが、これからはやはりレンジを狭くしてくるかもしれないな…とも思っています。


▽香港にはなんとビットコインなどのATMもあるそうです

ライトコインは米国で人気がある主要な仮想通貨です。




スポンサーサイト





2006年頃には、FXのドル円という通貨ペアのトレードは、スプレッド(仲介手数料)が1万通貨だと約300円で出来ました。この頃はスプレッドの他に、売買手数料というものもあり、1000円ぐらいしました。

まずこの売買手数料というのがなくなり、手数料はスプレッドのみになり、FXは他の投資と比べると最安値な投資の方法になっていきました。そして数年前から最安値は、国内FX業者でトレードすると30円ほどになりました。

ちなみに海外FXだと150円ほどになります。これは市場取引という、国内は相対取引というFX業者との取引に対し、海外は市場との取引になるので、手数がかかるということでしょう。

市場取引の方が透明性があると言われていますが、手数料は安くなった方が利益は増えます。例えば1年間で国内FXで手数料の総額が10万円だとして、海外FXだと150万円になってしまいます。

これが他の投資で株だと1万通貨=100万円だとして、片道(新規注文)手数料が500円ぐらいですので、両道で千円ぐらいですので、FXと同じ回数のトレードをしたら1年間の総額は1千万円です。

しかし現実はFX以外は、レバレッジという自己資金以上に大きな貸し資金でトレードが出来ないや、手数料の高さや値動きの小ささからして、FXと同じ回数のトレードは出来ませんし、FXのような1年で資金を10倍まで増やすこともできずに、2倍にも増えません。

また初心者の方は「100万円もの取引はしなくても良い」と思う人も多いですが、1ドル1銭動き利益確定すると100円の利益なので、それ以下の取引額だと時間の無駄なほどの小額な利益にしかなりません。

2006年頃の外貨預金のスプレッドはドル1万通貨で、片道1万円で両道で2万円もしました。投信にいたっては片道で2万円もし、他の手数料もあるので、数万円もしました。今は大手銀行だと片道が5千円で、ネット銀行だと数百円のようです。

商品先物な銘柄を扱うFXのようなCFDはスプレッドが、現在はFXは10円に対し、仮想通貨も数百円以上します。こうなるとFXが一番手数料が安く、お得のように見えますが ・ ・ ▼


◎儲ける秘訣は…

FXの銘柄は、ドルというか米国経済を中心に値動きをしているのが多いです。景気が悪くなれば、円高になります。まずドルと日本円以外の新興銘柄は、リスク回避のために大きく下がります。

ドルは世界で最も多く使われている主要通貨で、日本円は日本が世界一レベルで外国の債権というお金を貸しているなどで、日本はお金持ちで安全な国だということで、リスク回避の時は円が買われ円高になります。

他の新興国通貨などが、世界で多く使われていないなどで、手数料やスワップ(銀行預金な利息)は上がります。信用されないと手数料と借金の金利は上がるということです。

FXというか投資の中で一番安い手数料は、ドル円です。次に順番どおりには行きませんが、メキシコペソ円は1万通貨で30円です。理由は不明ですが、値動きと価格自体も1ドルが108円なのに対し、1ペソ5.6円と小額です。

方や主軸通貨だと思っている、ユーロやポンドは値動きがドル円などと比べると、結構荒いです。ドル円は1日で50銭ほど値動きするのに対し、ポンド円だと3円も動くことがあります。

3円も動くとフル・レバレッジ25%だと、ロスカットという強制損切りされ損失が確定します。しかしそこまで下がると、リバウンドという急上昇もします。

ドル円なども今年の8月に109円から104円に急暴落しましたが、9月になると108円あたりまで戻しました。これを10万通貨で108円で買い105円でロスカットされると30万円の損になり、こうなると持っておけば良かったとなります。

これは注意するべきなのは、ここ数ヶ月の値動きで、チャートを見ると109円という水準は高いということです。こうなるとレバレッジの倍率や手数料よりも、最も価格水準に注意した方が良いです。

また税金を気にする人も多いですが、税金は利益が無いと出ないので、気にしすぎる必要はありません。しかし損をしたら損失繰越などの損を補填してくれます。そして手数料や差損の方が、圧倒的に大きいです。

金額が小さい税金や手数料よりも、価格水準やボラティリティ(価格変動幅)に注意した方が良いです。しかしわざわざ手数料が高値なわりに、サービスが少ない所で取引をするのも無駄です。

また手数料が高いということは、無料なサービスが多い場合もあります。これはトレードをしなくても、一応口座は開設した方がお得です。

FXだけでなく、株や仮想通貨やCFDなどの口座を開設しておけば、違う価格水準やトレンド(方向性)な銘柄を探し、FXだけしかしないので高値掴みするようなことを避けるトレードをした方が安全です。

ともかく自分に合う口座で無料提供してくれるチャートや、ニュースなどを数多く探した方が良いです。投資で負けている人は、面倒なので1つしか口座を持たずに、高値なのに株しかしないなどという融通が利かない感じです。


▼現在スプレッドが、史上最安値な国内FXの口座です

らくらくFX

ここは国内では少ない、MT4という自動売買ツールも使えるFX業者です。自動売買は深夜などでも機械が判断しトレードしますので、仕事で忙しいや、初心者でトレードの方法が分からない方向けだと思います。

しかも仮想通貨も分析できるので口座開設をすると、かなりお得です。FXが高値で買えない時も、仮想通貨が安いか?で買うなどの判断も出来ます。FXや買いのみしかしたくない、多くの専門主義者は、これを考えないので大損をしてます。

原則固定例外とは、例えば米国の夏時間の期間ですと、FX会社の営業時間が終わる午前6時で、午前5時半から午前7時までの間は、ドル円が30円のスプレッドが400円になったります。

また午前9時半の重要指標発表などを中心にした数十分も、スプレッドが広がることがあります。こういう時は買わずに、大きな値動きをした後まで、(反動狙いで)待った方が賢明だと言われています。

数ヶ月前までは、ユロル(ユーロドルの通称)も0.2pipsなどと安くなかったのですが、かなり安くなりました。他の通貨もかなり安くなっています。この手数料価格となると、株や仮想通貨などの他の全部と比べると無料に近いです。

pipsとは最小単位のことでFX会社ではドル円では使われずに他の通貨だと使われています。なぜならドル円は銭という表記の方が分かりやすく、日本円と通貨ペアにならない、対円・クロス円通貨以外のユロルなどだと日本円で表記できないからです。

ちなみに世界で一番多く扱われている通貨ペアはUSD/EUR(ユーロドルの通称)ですが、日本の業者だとドル円が0.1銭と最も安くなります。

ユロルやドル円が人気があるのは、他の通貨と違い多くの人がトレードしているので、一部の人が作為的に大きく動かすことが、他の通貨よりも少なくなると、チャートどおりに動き、予想が当たりやすく、そうなると儲かると思っているからです。

またキャッシュバックとは或る程度の取引をすると、FXなどの口座に送金されるプレゼントな日本円などです。こういうサービスはFX以外では少なく、多く利用した方がずっと1口座利用よりも儲かるので、複数の口座を開設した方が良い1つです。


そして何よりも大切なことは、その時の状況把握をし、
様々な対応が出来る総合力です。これは人生すべてで通じます。

1つだけ出来れば良いや、手数料だけ安ければ良いなどの狭いことだけでなく、マクロという巨視的な国際社会全体を見渡す視点や統計を分析する能力が、FX以外の投資や起業やサラリーマン仕事や家事などでも大切です。

例えば現在ですと、FX関連のニュースだけを見ておけば良いと考える人も多いですが、香港のデモで譲歩されだしたら、急に円安になりました。

ネットの動画などでも、チャートやインジゲーターや関連指標だけを重視している人が多いのですが、こういう政治や生活関連の情報も含めて考えるのが大事です。


上記の動画は、FXの基礎が分かりやすいです ・ ・ △っ

昨今の増税や、年金があまりもらえないや、給料が減り続けているなどからして、早くレバレッジをかけてでも、利益を出さないと未来は厳しいです。現在の日常生活の問題はお金で解決できます。

FX以外の投資やビジネスなどのほとんどは、レバレッジを大きくかけれないので、あまり儲かりません。レバレッジが使えないと人生では損が多く、大事なのは暇になれる時間とお金です。

サラリーマンで長期間でお金持ちになっても、歳を取っていれば、好きなことは出来ません。暇になれる時間を生み出せるのはレバレッジだけで、暇になれば儲かるビジネス・アイディアも浮かびやすいのです。大企業では決断が遅いので儲かりません。

ビジネスで儲かっている成功者も、大半は銀行融資や雇用や投資やネット配信などのレバレッジを使い、儲けています。オーナー社長は低年収ですが、自社株の投資利益で巨益です。


【FXの基礎を超凝縮まとめ】

FXとは外国為替証拠金取引の略で、証拠金を口座に入金すると、日本国内のFX会社だと25倍までの取引がレバレッジでできます。小額資金で25倍の利益が得られるのは、FX以外では少ないです。

例えば1万通貨で1ドルが108.00円の時に買い、108.01円で売ると100円の利益になります。買って数分で利益が出る投資などは、FX以外では少なく、短期間で利益が出るということは安全性が高いということです。

108.00円×1万通貨=108万円の資金が必要ですが、10.8万円の証拠金あれば、レバレッジ約10倍で出来ます。

108.00円で買ったら、強制損切りのロスカット・ラインが証拠金の8割で、含み損が100.00円になると、証拠金が約10万円の場合は、約8万円の損が確定し、約2万円が残ります。

証拠金を108万円にすればレバレッジは無くなり、外貨預金と同じになりますが、外貨預金と違い、価格が高すぎる時に新規の売り注文から始められ、下がった時に買い戻しの決済の買い注文をすると儲かります。

個別株だと10.8万円で買えるような新興株は、一度下がると戻らず大損をしますが、ドル円などの大型銘柄は行ったり来たりが多いので、他の小型銘柄よりは、多少は安全です。

最近のドル円は数ヶ月で最大5円程度の上下で、1日だと最大50銭程度の上下ですので、他の投資よりは小さい値動きです。これは他の投資と違い、回数を増やして儲かる可能性があります。

大型銘柄になると株なら30万円以上ぐらいが必要ですが、FXのドル円なら千通貨で5千円ぐらいから始められます。

大型銘柄投資で1年間の最大利益で、株は100%ですが、FXなら1000%(10倍)の資金増もありえます。理由は手数料が、投資の中では最も安いからです。

資金が100万円の投資だと、手数料はFXなら10円、株は1000円、仮想通貨や外貨預金だと数千円、投信なら数万円はかかり、投資の中ではFXが最も手数料が安いので、手数料が安いこそが、短期ですぐに逃げられるので安全です。

ここまで述べてきたことは、あまり本には書かれていないのと、毎日値動きを見続けて、値動きの癖や投資家心理を感じるのは、本などでは学べないので、自分で値動きを見て、考えましょう。

日本では国税の統計で年収1000万円以上の人は少ないので、全体で数%ぐらいの人しか儲からないのは、他の投資や仕事などでも同じですが、最大の所得税率は株とFXは20%ですが、他は50%です。労働よりも投資を勉強した方が、節約もできます。
前回の記事で「投資は銘柄ではなくタイミングです!」と言いましたが、「実際にはどこでエントリーすれば良いの?」と思う人が多いと思います。

確かにそうなのですが、まず「どんなに成功している人でも、誰も未来のことは分からない」というのが事実です。これを例えばチャートだけを見て、未来が完全に分かるような発言をしている人は怪しいです。

またファンダでも、景気後退しそうなので、株やドル円などは下がり続けると思うのも、そうは素直に動かないので難しいです。


◎儲ける秘訣は…

これはまず優位性を探すしかないです。優位性とは他の銘柄などよりも、現在有利な点があるかなどです。

これはその銘柄の発行先である会社や個人が、他者よりも圧倒的に優れているという面もあります。

しかし優れていても、評価が過大すぎる場合は、大暴落することもあり危険です。

更にその会社などが社債などで膨大な借金をしてはいるけど、売り上げがそれに見合っていない場合などは注意です。

これらは主に長期投資になるでしょう。長期的にはやはり健全な経営などが評価されますが、短期的にはバブルな投機などがあります。

まずは底値の時に買い、実力以上の急騰しだしたら売るしかないです。ただしどこが底値か?は分からないと思います。

それは誰も分からないのですよね。ただしずっと安値やかなり急に下がり続けた場合は、急に上昇するリバウンドがあります。

そしてショックと呼ばれる大暴落が起きた時に、しばらくたってかなり下がったら、多くの人は恐怖して買わないこともあるので、そこで買うしかないです。

これを他の要素で判断するには、恐怖指数と呼ばれるVIXなども参考にしても良いです。またVIX自体を予想する金融商品もあります。

逆に米国経済がISMショックなどで悪くなると思うと、NY原油が下がりました。ただ増産もあったのですが、サウジへのテロは結局は、一時的なショックになってしまったのかもしれません。

更に今はトランプ米大統領が中国の劉鶴副首相に、10月11日に会う言っています。これは今の景気悪化懸念の原因の、米中貿易戦争を終わらせる貿易合意に関わっていて、トランプ大統領も重要だと言っています。

他のイベントと違いスペシャルイベントかもしれません。ただし最近は昔ほど、株も為替も大急騰・大急落していません。

昔は雇用統計などの重要指標があると、急変しましたが最近はあまり値動きしません。これは「大きなトレンドが発生せずに、まぐれで大勝できないようにもなったけど、大きく動かないので大損もしなくなった」ともいえます。

昔よりは例えばドル円が前日比でマイナス50銭ぐらいになったら、Lでエントリーしても良いかもしれません。ただし予想レンジが1ドル105円から110円なので、中心が107.75円で現在が107.85円なので、やや高いかもしれません。

これは米中貿易協議の動向を見ながら、動いた後の反動のリバウンドを狙うしかないかもしれません。ちょうど予想レンジの中心なので、かなり予想がしづらい状況です。

昨日のドル円は107.08円あたりまで下がった後に、本日2時55分現在は107.89円と、普段よりは大きく動いています。多くのメディアなどは、米中協議で乱高下すると予想しています。

しかし多くの予想は当たらないことも多いです。というよりも、何か材料が出たら急変するかもしれません。特に決裂すれば関税引き上げ発動で、世界経済に影響が出るとも言われています。

株もFXも仮想通貨も判断が難しい時のような気がします。まだNY原油の方がマシかもしれません。そしてドル円などの小さな様子見の現在のようなレンジ状態から大きく動くまでは、様子見というのが定番な考えです。
投資もビジネスも、これらをしても1割弱の人は儲かり、後の2割の人はトントンで、残りの7割の人は儲からないと言われています。

これの理由は、大半の人が投資やビジネスの勉強をしないからです。まず長年の学校教育で、これらは習得できていると勘違いしている人が多いです。

また「この銘柄は時価総額が多いから安全」と思い、他の銘柄などには投資をしないので、儲からずに損をしています。また「そこまで損をしないだろ」と何の試算もしないので、大きな含み損をすると狼狽売りなどをして大損をします。

これの対策は ・ ・ ▼っ


◎儲ける秘訣は…

答えは本記事の題名にも書いてありますが、ピッタリなタイミングをキャッチすることです。しかしまず、この儲かるタイミングというのは、数が少ないので多くの人は我慢が出来ずに、高値掴みなどをして損をします。

値動きというのは、株もFXも仮想通貨も似ていて、8・9割はあまり上下しないレンジ状態で、残りの1・2割はトレンドという、一方的な値動きをします。

ちなみに9割レンジの1割トレンドとは、ドル円のような時価総額が巨大な大型銘柄です。他は値動きが荒かったりする、新興企業な小型銘柄です。

しかし大型銘柄も小型銘柄も、儲かり損をしない基本は同じです。それは「高値で売り安値で買う」という、当たり前だと思うことです。このポジションを把握するのが、非常に難しいので、大半の人は儲かりません。

そして「毎日利益を出さないと駄目だ」という、サラリーマンな定期収入感覚があるので、地道にコツコツと毎日トレードという仕事をしているつもりでも、それこそがポジポジ病となり大損します。

例えばドル円でローリスクな方法で、毎日1万通貨という少量ロットだけでトレードをしようと思っても、そこで買った途端に100pipsも急に暴落したらリスクが低い方法ではないのです。

これが今月始めの米国の指標が悪かった結果に起きた、ISMショックです。これはショックが起きた数日後に買えば良いのですが、これを考える人は少ないです。

そしてショックや暴落は起きるのが、数少ないので、それが待てないとも深層心理で思っています。多くの人は上昇すると買いますが、暴落すると買いません。

しかし多くの人は儲からずに、少ない人が儲かるのは、トレンドが転換する時期に多くの人がすることの逆張りなことをするので、その直後にトレンドが転換し、トレンドが転換した初動ほど安全に儲かるのです。

この初動をつかむしかないです。また長期のトレンドで、もう後期の場合は避けて、初動か底値な他の銘柄を探すしかないです。

これはFXだけの専業トレーダーになると、そのうち銘柄数も少ないので負けます。しかし銘柄数を多くし過ぎた分散投資をすると、パフォーマンスが悪いので、これも負けます。

銘柄数を多くしすぎたり、例えばドル円の両建てなどをしても、強制損切りなロスカットをされないための、資金が少なくなるので、これは初心者や小額資金しかない、多くの人が相場をすぐ撤退する理由の、資金ショートがしやすくなります。

これの対策は、例えばNYダウやドル円は高値圏で、NY原油は安値圏で、ビットコインは急落しているけど、これらの主要銘柄とも連動する、他の個別銘柄はどのくらい底値なのかなども考慮して、基本の最安値だと思う銘柄をでLするしかないです。

Sをしたがる人もいますが、リスク回避の円高傾向が強いので、多くの投資銘柄は対円銘柄になります。ただし或る程度の資金に余裕が出来た後に、バブル過ぎだと思った時は、Sをしても良いでしょう。

当たり前だと思うことですが、資金が少ないうちはコツコツと数少ない底値な銘柄を買うしかないですし、資金が増えたら儲かるチャンスを増やすためにも、時間を増やす長期投資になります。

この長期投資は1年などの長期の底値で買うということですが、これを勘違いしている人が多くいます。まずショックな大暴落で買う人が少ないので、このチャンスはつかめません。

多くの人は仮想通貨も草コインと呼ばれる、ほぼ0円なトークンも買いません。しかし例えば1枚5円なら、そうそう下がるとは思えませんし、上がれば大儲けできることは予想できます。

ただし新興株も同じですが、発行会社などに価値が無いや、過去に大暴騰した後に大暴落した銘柄だと、完全に終わっているので駄目です。

これはずっと騰がらずに、それでもヒット商品などを出しそうな銘柄を予想するしかないです。ここの部分はタイミングというか、銘柄かもしれません。

ただし新しい会社と古い会社だとヤル気が違います。やはり危険だと思われている新興の国の通貨やトークンや企業株の方が、上昇は期待できます。

しかしこれをガチホ(ガチホールド)という長期保有するのは、資金に余裕が無いと狼狽売りなどをしてしまう弱いメンタルになります。

タイミングを待てるのも、豊富な資金力による余裕なメンタルです。資金力が無い場合は、やはり少量ロットだけで、短期でするしかないです。そして投資の他に、ネットビジネスなどの副業もするしかないです。
特に初心者の方は、投資をしようと思った最初に「何に投資をすれば良いの?」と思うでしょう。

これは正解が無いというか、『その時に一番リスクが低いわりにリターンが大きくなりそうなものを選ぶ』しかないです。

しかし「世の中にローリスク・ハイリターンなものなんてない」とも雑に決め付けます。これは1つだけの投資方法なら、そうなのですが、数多くの相場では違ってきます。

最初のうちは株(主にNYダウ)・仮想通貨(主にビットコイン)とFX(主にドル円)・CFD(主にNY原油)の4つを比較しながら、最初から巨額を投資せずに値動きを長く見た方が良いです。

しかし多くの人はこれをするのが面倒なので、その時にちょっと話題になっているものを、ついついやってしまうので、そうなると多くの人が衝動買いをし、高値になっているので、そこから大暴落し大半の人が大損をします。


これを防ぐには ・ ・ ▼


◎儲ける秘訣は…

まずは過去の値動きをチャートで見るしかないです。このチャートというのも、まずは1つだけ口座を開設し、そこで運が悪く自分に合わないものを使うと損をします。

これは数多くの口座を開設するしかないです。或いは自分で無料なブログパーツなどで探すですが、これは線が引けないや無料は不安定なので、やはり無料ではありながらも口座内のチャートを見た方が良いです。

そして主に初心者のうちというか大半の人は、小額資金でしか投資が出来ないのは、日本で所得税の納税額の統計で1千万円以上の所得がある人は数%しかいないので分かっています。

これは長期保有投資ではなく、短期複数投資をしないと儲からないということです。長期保有投資はせいぜい1年で投資金額の20%ぐらいの増減という、元手の投資資金が100万円だと20万円が損得するということになります。

しかしFXなどで1週間で数回トレードをすると、1年で200%などの増減で、投資資金が100万円だと200万円の得か、そのぐらいしか貯金が無ければ100万円の減になります。

世界の7割の人の貯金が出来る額を見ても、120万円ですので200万円も投資を出来る人は多くはいないので、FXで数億円も損をした人がいると恐怖を煽る人もいますが、大量にロットを持ちすぎなければ、外貨預金よりも安全です。

初心者向けだといわれる株や投資信託(も株の集合体)というのは、株価というのは大暴落すると50%も下がったりしますが、FXのドル円などの場合は、1ドル107円から100円に下がったとしても約7%です。

約7%の下落というのは、殺人通貨と呼ばれるポンド円でさえも数ヶ月はかかり、ドル円では1年はかかります。ドル円は1日だとせいぜい50銭程度の上下動です。

しかし仮想通貨のビットコインだと1日で数%、数ヶ月で50%も上下動します。草コインは更に1日で数十%も値動きをすることもあります。

そして手数料は1回100万円の投資だとして、FXなら30円(ただしレバレッジで5万円から出来る)で、株・仮想通貨なら数百円で、外貨預金なら1万円で、投資信託なら数万円です。しかし多くの人は、逆の順番で安全だと思っています。

これは1年間だとFXで30万円だとしたら、他の投資だと巨額な手数料になります。手数料をあまり気にしない人が多いのですが、税金以上に気にした方が良いです。税金は損をしたら取られずに、損を補填してくれるのですからね。

初心者向けなのは、1日などの短期ですぐに逃げられる投資です。初心者だと株や仮想通貨の運営会社の事業内容などと、色々なことを知らないのに対し、FXの為替ならプロも、どっちに動くか分からない時価総額などが大きい状態なので、かえって平等で安全です。

とりあえず初心者や未成年でも、FXのリアルマネーを使わない・メールアドレスだけで登録できる匿名でも出来るデモトレードをやってみると良いと思います。

これを「余裕や知識が出来てからやろう」と思っても、いつまで経っても出来ずに、お金持ちにはなれません。最初によく分からない専門知識そうなものを多く詰め込むよりも、実際の値動きを見続けて『投資家心理を知るしかない』です。

そして多くの人は知らないことを怖がり現在の怖い状況を知りません。例えばサラリーマン生活は怖くないけど、FXの専業は怖いなどです。しかし年々給料は減らされて自分が努力しても増えませんが、FXなどは自分の努力で増えます。

またNY原油などを買うのは商品先物なので怖いと思う人もいますが、その代わり高値な投信を買うのはどうなのでしょうか?まずは曖昧な過去の常識を、冷静に数値で考えるしかないです。

以下は過去にヒットした本ですが、怖がる曖昧な常識を体験上、多くの人は変だと昔から思っていたのでしょう。しかし昔はネットがなかったので、ネットビジネスなどの副業が出来なかったので、古いチーズ=仕事から抜け出せなかったのかもしれません。



チーズはどこへ消えた?

中古価格
¥1から
(2019/10/7 04:01時点)






先週金曜午後9時半に発表された米国の雇用統計発表は、ISMやADPなどと総じて米国の経済が景気後退する懸念があるような、良くない結果だったので、同じく良くないという予想が多かったですが、その通りになりました。

しかしその直近の予想通りさと、そこまで酷くない底堅さが好感され、米国株は大きく上昇し、ドル円などの対円通貨は少し上昇しました。

最近は「雇用統計は重要指標ではなくなった」と言われています。それは昔のように大きなというか、最近は特にドル円が小さな値動きしかしないからです。

しかしこれは或る意味、雇用統計の週にありがちな、典型的な値動きでもあります。それは ・ ・ ▼


◎儲ける秘訣は…

昔から雇用統計の前の月末頃から、警戒感でドル円などは下がり続けます。そして雇用統計の週の最初の方は、少し上昇しますが、水曜あたりから大きく下がり、雇用統計発表の金曜午後9時半の直前頃までは低迷します。

そして午後9時半の発表直後に急変します。昔は更に落ちるナイフと言われるように、例えば100pipsぐらいの暴落の後に、そこでしばらく上下し、更に100pipsなどと暴落しました。

最近はこれがなく、例えば30pipsほど下がった後に、また30pipsほど上昇するゼンモ(全戻し)が多いです。

今回は発表直前の1ドル約107.70円から約108円に急上昇しましたが、結局は107.90円あたりで終わりました。

結果は良くないのに、上がって終わりです。先月はゼンモで終わって、翌週は上昇しました。これは8月に大暴落した後の、回復トレンドに飲み込まれた感じでしょう。

しかし同じことが今回も続くかは不明です。不明というか反対な値動きをするとも、予想する人は多いでしょう。

また10月というのは、ブラックマンデーなどの過去にも大暴落は多い月ですので、引き続き警戒されるかもしれません。

そして雇用統計は昔と違ってネットの普及などで、雇用だけの経済ではなくなってきているので、昔よりは重要視されないのかもしれません。

それは雇用統計だけでなく、株や為替で影響があるISMなども、これからは値動きに影響するのが小さくなるかもしれません。

反対に要人発言などのファンダが影響してくるかもしれません。今まで以上に過去のセオリーのようなものが、通用しない時代になるかもしれません。

それは重要指標で反応せずに、何の材料がなくっても、突然急変することがあるということです。

これは結局はその銘柄の価格が、過去からして高値圏か底値圏などの、どのくらいのポジションかを把握するしかないです。


参照 。 。 ▼
NY株続伸、372ドル高=雇用統計で景気懸念後退
今週のドル円の値動きは、今までの回復傾向を一気に変えるような、ISMの予想以上の縮小で下落トレンドに転換してしまいました。

そしてまだ雇用統計があり、ADPも結果が良くありませんでした。これのせいか、1ドル107円から106.60円台に急落し、午前4時現在では106.86円あたりまでは一応戻しています。

しかし数日前の108.40円台から午後11時のISMで一挙に、108円を割り107円中盤から、現在の106円後半への暴落です。

これはこれからどうなるのでしょうか ・ ・ ▼


◎儲ける秘訣は…

まず去年10月も、今年の8月も月初めの暴落です。しかし過去のドル円などの値動きを見ると、1ドル150pips程度の暴落というのは小さいです。

更に最近はずっと雇用統計は30pips程度しか動かずにすぐに全戻ししてしまうので、「雇用統計は重要指標ではなくなった」と言われています。

しかし今回はマスメディアの記事などを見ていても、ドル円や株の値動きからも、かなり警戒されています。

ただし過去には雇用統計前の木曜日あたりや、発表直後の金曜午後9時半以降に、200pips以上の暴落をするのも過去にはありました。

ISMも雇用統計の非農業雇用数も、結果が悪いと株や対円通貨などが暴落するのが、過去のパターンでした。

しかし最近はなぜか雇用統計の方は、少しは反応するのですが、発表の翌週は低迷するパターンも薄れてはいます。

しかし数日前のISMの景気後退しそうな結果は、10年に1度とも言われています。これはリーマンショックを思い出しますね。

こうなると景気が悪くなると損をする株や対円通貨ではなく、それらの資金が回避する仮想通貨やCFD・商品先物銘柄などへの投資も、考えた方が良いかもしれません。

ただし仮想通貨はビットコインが上昇した時に買うと、為替の1日で1%で暴落なんてレベルの下落の10倍もするので、かなり注意した方が良いです。

CFD銘柄はNY原油や金銀などがありますが、NY原油はまで過去のレンジからして安値な感じもするので良いのですが、金は過去からすると、今上昇し少し下落しているので、「今買うのはどうなのかな?もっと暴落しないとな…」と思います。

参照 。 。 ▼
ドル下落、経済巡る懸念根強く 週末の雇用統計警戒=NY市場

お勧め♪

特に初心者の方にお勧めな口座♪


複数口座を持つと無料なのに安全で、特典などもありお得です。
口座開設の方法は、銀行でも仮想通貨でもFXでもCFDなどでも
似ています。

しかし仮想通貨だけしかやらない!となると、値動きしない
長期間の間に資金と時間をうまく利用できない運用損や機会損失
があります。

またサラリーマンなどだと平日は仕事で忙しかったり、専業トレーダーでも、
さすがに複数のトレードはしづらいでしょう。しかしそこで自動売買
のシステムトレードをすると、かなり得をするかもしれません。

上級者でもシステムトレードだと、自己資金が少なくても、
儲かる倍率であるレバレッジ的なモノで増えます♪

初心者の方は何も分からず大損をして、
多くの人は早期退場をするので、
プロが力をかしてくれる自動売買を参考にしてみましょう♪


①初心者だからこそループイフダンでFXの自動売買

アイネット証券[アイネットFX] 最大3万円のキャッシュバックがあり!

②資金が少ない人は最安値水準な手数料の0.3銭でトレード♪

FXトレーディングシステムズ 初めてのFX取引[FXブロードネット]

③分かり出してきたらMT4で大きく儲かる仮想通貨も分析

ゴールデンウェイ・ジャパン ゴールデンウェイ・ジャパン

自動売買のパターン(EA)が圧倒的に多いのはMT4であり、 MT4は世界的に評判が高いです。

※他にもシステムトレードがありますが、口座開設後の数ヶ月は 手数料が無料などというキャンペーンもありますので、その期間が 過ぎたら他の口座開設キャンペーンを使うのも、お得です。 ★昔ながらの常識的なことをしていると数年後には危険になる…

【本ブログの作者が導き出した普通の人が儲からない理由】 ☆早くやらないとドンドン儲かるチャンスは少なくなるのに長く考える ☆大半の人生の問題は経済力で解決できる ☆他の物と比べるとFXこそ損をせずに得が出来る ☆FXもネットビジネスも大半の常識では儲からない ☆大半の人は勉強をしないで大損し早期退場する ☆独学は無駄に時間とお金もかかりチャンスを失う ☆投資と同額な趣味は節約し儲かった後にやった方が安全 ☆儲かる話に時間やお金をかけたがらない一般常識こそ変 ☆儲かる話は人に言わないのではなく面倒なのでやらないだけ  例えばブログなんて安いのに多くの人は、すぐに止めてしまう… FXやネットビジネスをしないと給料や年金は 世界の物価高で危険 億万長者になるには、まず労働などで百万円を 貯めて、そこからはFXなどの投資で無いと無理 というようなことを、億り人は言われています。 FXだけでは、簡単に儲けることは出来ません。 なぜなら投資は百万円の資金で百万円儲かったり 損をするという幅があり、耐えるためには1千万円 ぐらいないと損切りになるからです。 しかし今までのような仕事のやり方でも駄目です。 なぜなら飲食品などが世界人口増や資源の枯渇で、 数年で物価も数倍以上になるかもしれないですが、 給料は世界の若者の人口やITの増加で減ります。 FXを始める前に、投資資金を作るためには、 効率が良い仕事などをしないと駄目です。 1千万円以上の貯金は、FXでしか出来ません。 お金が少なくても儲ける秘訣は得な口座を探し、 口座内で無料提供されるツールなどで情報収集をし、 現金プレゼントなどを得ることです。 また自分の他の銀行口座に送金するのにも、 昔ながらのネット証券・FX口座を使わない方法では、 手数料などで損をします。 株の店頭取引の手数料1%や買物で1%もらえる クレジットカード使用などでも言えますが、 たったの1%の損得と言っても、 100万円なら1万円の損得です。 これは10ヶ月・月平均10万円の普段の家賃や 日用品などを、買物しただけでいく金額です。 仕事も投資も相場を知りましょう。 「給料は少ないのは当たり前」 などと思っていたら、人生が大損をします。 サラリーマンでも退職金がなくなり、給料も 下がる時代ですので、短期でも高額派遣の方が 得な可能性もあります。 ITと投資・金融は親和性が高く、 金融に詳しいプログラマーこそ有利です。 他にスマホのアプリ以外の、従来の工業 製品系などのプログラマーは不利です。 更にプログラミングはツールで簡単に 出来るようになるので、人の目を引ける デザイナーや配信者こそ最も有利です。 AI普及時代に機械で出来る事務などの仕事は 減りますが、人の目を引く仕事か、職人は 投資家などだけは残るでしょう。 ▼在宅で仕事ができる! 資格・スキル・面接不要!ママ大歓迎 事前仮払いなので不払いが無くて安全! ▼スキルを身に付ければ高額報酬! 20代から50代まで応募できる! ▼プログラミングスキルが無い方でも、すぐに習得できる! WebCampPro ▼25万円たまったらFXなどの投資を始めれば、日給1万円になるかも… トライオート ※例えばFXで売りも買いも出来ない時は、  仮想通貨やCFD(株・原油など)で  チャンスを見つけてみると機会損失が減る… 業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全 ※証券口座などに即時入金するには、数少ない有名な銀行の口座が無いと、  振り込み手数料無料のリアルタイム入金は出来ません。  日本の安いネットスーパーや海外口座や外国の洋服などのネット店も、  クレジットカードが無いと購入できません。たまに代引きもありますが、  手数料も高く前払いで安全ではありません。 コロナ時代は新しい生活様式な宅配食と投資信託で安心♪ 資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo! ▼WiFiと光などの複数回線ならトレードや生放送などをしていても安全です ▼世界同時物価高になりそうな時代は、不動産投資でリスク・ヘッジ… FXで億り人になった人でも投資に熱中しすぎて 全額をなくした人も稀にいます なぜ稀かというと事実が分かる統計を見ても そこまで大金を持っている人は多くいません こういう偏った稀な意見でFXは危険と言う人が 動画などでいますが多数を調査した統計を見ましょう 全額を高変動銘柄に投資していれば破産するのは当たり前です が、こういう稀な例を、さも多くやっているとすり替えます そして自分も居住できる、不動産にも分散投資なら もしFXで大損しそうになっても不動産という財産は すぐに換金できないので歯止めになり残ります ▼ブログを多く読むこそ、ほぼ無料で儲かります


人気ブログランキング

更にお得♪

自己紹介
What KotamaSanChi?こたままこ
▲本ブログの作者の「こたままこ」です。

リンク大歓迎です ^ ^ △っ
連絡無しでもご自由にお貼りください

このブログについて
このブログの作者@こたままこ
連絡はフォローした後DMで
Twitter@kotama_z

▼note@kotamai

短時間売買で長期保有より安全


▼This is our e-book.

Easy Life by FX.

▲現在サーバーが運用終了
 のために停止中


▽本ブログが参加のランキング

総合的な資金運用
なら ・ ・ ▼っ


人気ブログランキング




FXを専門に調べたい
なら ・ ・ ▼っ

「FX」のブログランキング
FXは色々選べて楽しいです
FXこそ一番リスクコントロールがしやすくおススメです♪

FXとは外国為替証拠金取引の略で、外国だとForexが略語です。証拠金とは例えば1万ドル=約109万円の取引をする時に、レバレッジが20倍になり証拠金以外は貸し出すので、約5万円の証拠金でトレードが出来るということです。

こうしないと利益が得られません。また証拠金が半分ぐらいに含み損になるとロスカットという自動強制損切りがあるので、実際は借金にはなりません。

広告などで多くあるドル円のスプレッド0.1銭とは、約5万円の証拠金ですと10円しか仲介手数料がかからなく、この手数料が最安値な水準で、1米ドル1銭の利益は百円です。

ゴールデンウェイ・ジャパン



初心者こそ裁量取引よりも、
自動売買の方がプロが投資を
するので良いかも ・ ・ ▽

アイネット証券[アイネットFX]

仮想通貨(暗号資産)

無料なので安全♪お得♪


リップルゲット




少額ですが数多くのトークン(仮想通貨)がもらえます
CREX24
ロボット・AIなら初心者でも簡単♪
ロボット投信の始め方詳細

米国株は他の銘柄と違い上昇しやすいので、投資がしやすいと思います。しかし初心者だと外国の株価=会社って分かりませんよね。

そこでETF(上場投資信託)という欧米の株や債権などを、自分で探さなくても、ロボットが選んでくれるTHEOです。

1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

ドコモユーザー必見!資産運用ならTHEO+[テオプラス] docomo

▲NTTドコモのユーザーだと、
 更にお得ということです
FX・株・先物などの基礎知識
FXとは外国為替証拠金取引の略です。

証拠金とは例えば10万円の証拠金(元金)でレバレッジ10倍で売買をすると、100万円の取引をする事になります。

証拠金10万円で米ドルを1万通貨を保有し、1P(ips)=1銭を利益確定すると、スプレッドという売買片道手数料が30円かかるので、1Pで40円の儲けです。

証拠金10万円の8割を含み損をすると、ロスカット(強制損切り)されるので、1万通貨なら8万円以上の損をしません。

これは例えば1ドル100円L(買いから新規注文)ポジが92円(-800P)でLC(ロスカット)という事です。

パーツ提供:FX比較のALL外為比較


FXも株も先物も不動産も基本は、「下がったら買い上がったら売る」です。

ドルが数時間で約100pipsガラ(暴落)ったら、約30pipsくらいリバ(ウンド・戻)る事があります。

5pipsを数十分で数回利食う超短期売買であるスキャルピングをすると大底で、それ以上は下がる危険が少なかったりします。

ドル円は30pipsと大きな上下より、10pipsくらいの上下を多くしているので、5pipsを6回利食うスキャがお勧めです。

初心者で複数万通貨は怖いかもしれませんが、大底で8万通貨(証拠金40万円必要)で数時間だけLスキャし30pips利食えれば、1日で約2万4千円の利益が出ます。

安全策で大底でも1万通貨で売買し、利益が出ないと高値になった後に、高値掴みな買い注文をしてしまう事があります。

1週間に数日数時間、大底や天井だなっと思った所だけでLかS(売りから新規発注)のスキャルをするトレードをする事をお勧めします。

毎日長時間トレードすると急変し大損するので、ちょっと高値な時に長期保有するのは危険です。(続き
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

投資で損をしても安全♪
☆就職氷河期世代を積極採用中!

駿河屋スタッフ募集中

・未経験も経験者も大歓迎!
・首都圏でも大量採用!

新品/中古PCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

PC・携帯製品などが最安値水準で買える♪
バックアップ!
ビジネスでも投資でも、
英語を勉強こそ安全です!


仮想通貨で儲けたり防災や旅行などのためにも充電器などを準備すると安全です♪



▼億り人はトレードPCは
Dellを推薦

Dell ゲーミングデスクトップパソコン G5 5090 Core i7 ブラック 20Q32/Windows 10/16GB/256GB SSD 2TB HDD/GTX1660Ti

新品価格
¥153,400から
(2020/2/25 21:30時点)

ネットビジネスなら安全♪

ネットで起業や副業なら、今までのように経費がかからないので安全に、儲かるチャンスが増えます。



マインド安定♪
未婚の方が体調的にも、失敗はしやすいらしいです🚫 お見合いこそ客観的なプロにより長続き♪
儲かる近道は…
★多くの人は勉強をせずに
 投資をするので大損します。

 投資で安全なのは短期なFXで、
 基礎は以下の電子書籍に、
 まとまっています 。 。 ▽

FXメルマガ読者数日本一の投資助言会社が作った投資レポートが無料!

投資顧問が暴露!FXで一番儲かるのはコレ!?

☆昔の値動きも多く見れるのが
フォレックステスターです♪
Forex(=FX)とは外国為替の略です♪ Forex Tester

◎ - ◎ ▲ 過去の値動きを分析という勉強から始めましょう♪機能制限で無料なデモ版もあります♪

上図を押すと「商品情報がありません」と出ると思いますが、上図が最新バージョンではないだけで、最新版はリンク先のホーム(トップページ)などを見れば出てきます。


●投資の基礎は財産を守るです!
金融というのは詐欺やハッキングなどが多いです。これは特典だけはもらっておき、大金な投資は安全性が確認できるような業者で取引をした方が良いかもしれません。

あまりに利息などが良すぎるものは、要注意です。短期投資=大半の資金が少ない人が資金獲得で、長期投資=お金持ちが不労所得というのが基本かもしれません。

また取引所などの業者に秘密鍵を預けるのではなく、自分のPCなどに保管するウォレットという財布を持った方が安全です。ただしお金持ち以外は経費削減となりますが…


★お得なモノは減っていくので
 今のうち!

これからは仕事も投資もドンドンとお得なことが減っていきます。今のうちに儲けないと、サラリーマンの年収も減っていくので今までのようにやれば安全ということはありません。

今までのような事務や販売はネットの普及で減っていきます。生き残れるのはIT技術者や投資家などだと思います。

☆IT技術仕事もそのうち減っていくかもしれないから今のうち

便利なアプリは現在でも増えてますが、そのうちにボタンをちょっと押すだけで、アプリが出来るソフトウエアが出来る可能性があります。

昔を見れば分かりますが、最初ほど簡単で普及すれば作るのは難しいですが、報酬は少なくなります。

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

△ 20代~50代まで対象



☆口座も早く開設した方がお得

FXは他の株や銀行口座などと違い新規開設をし少しの取引をすると、数万円などの現金がもらえるキャッシュバックがあります。また取引おきに賞品や手数料が戻るなどのお得が多くあります。




今よりも昔の方がFXやCFDなどの儲かるレバレッジを規制や、口座開設(無料入会)特典の減額などがありませんでした。これからも儲かるチャンスは、ドンドンと減るでしょう。

人を雇って儲けるのもレバレッジです。リスクを恐れ儲けを求めない方が危険です。今までのように普通の仕事をしても、給料などは上がらずに危険になります。

投資は1つの口座だけでやるのではなく、複数の口座を作ってやった方が得です。例えば口座開設で貰える数万円を多くもらい、普段は手数料が一番安い口座でトレードをすると儲かります。

またシステムトレードという自動売買をしながら、ネットビジネスをするというのが効率が良いです。普段勤め仕事をしていても寝ていても、自動売買なら休日の数十分だけ少しやるだけです。

最初は初心者向けにという人がいますが、相場に初心者向けというものはありまん。初心者の方が手持ち資金が少ないので、緻密にやらないと退場という大損で終わり、そういう人は多いです。

またそういう人は複雑で分かりづらく手数料が高い投資信託などをしますが、単純で分かりやすく手数料が多くの金融商品の中では一番に安いFXの方が儲かります。

要はどの方法が儲かるかです。例えば得な特典が終わる締め切りがせまったものからやった方が、終わってしまい得する金額が少なくなる危険を避けれます。


▼取引するおきに得は早く、
 普段利用した方が得
トライオート

・スプレッド(手数料)自体が安い
・業界初!社会貢献ポイント制度


▼初心者向けなFXの口座は
 自動売買付き
初めてのFX取引[FXブロードネット]
デモ口座(←押すと説明記事が表示)があるので安心
・自動売買もできるので簡単
・口座開設などをすると最大2万円などが、もらえるのでお得


日本では個人の自己資金だと25倍までFX会社が貸してくれるレバレッジが、過去は400倍だったのに10倍までに規制しようとしています。

外国は888倍などもあります。法人のトレードも規制し始めようとしています。規制すると日本のFX会社も儲からなくなると思います。

トレーダーも25倍儲かるのが10倍しか儲からなくなるということです。しかし給料とか年金は下がり続け、物価は上がり続けます。

これは近い将来は昔ながらの仕事をしていても、生活苦になることもあるということです。

株などよりはFXの方が手数料も安いので、小額資金で安全に儲かるかもしれません。FXくらいの儲けがないと生活苦になるかもしれません。

銀行口座も株やFX口座も複数持っていると、情報収集が無料で多く出来たり、現金などがもらえるキャンペーンを受けれたり、本人の違う口座へ送金を無料で出来たりとお得です。

複数口座を持つと安全でお得♪
複数口座を開設し、一番お得な時に使い分けた方が、 お得で安全です。

口座もツールも無料ですので、優良な情報や財産保全や資金移動などからして、持たないと損です♪

☆MT4とは人気がある便利な、
 分析・自動売買ツールです。

OANDA Japan
OANDA Japan MT4




☆仮想通貨とは土日を含む、
 365日24時間ずっと取引可な
 1週間で30%も値動きがある、
 ビットコインなどの相場です。



☆CFDとは商品先物で扱う銘柄を、
 FXのようにトレードできます。


スマホ・携帯・PC情報
QRコードとは携帯端末だとURLを文字入力するのが大変なので、カメラで読み取るとすぐにリンク先に飛べる方法です。

スマホの読み取りアプリは無料のYahoo! QRコードリーダーを使うと、リンク先に飛ぶ前にYahoo!Japanがセキュリティなスキャンをするので悪質なサイトに飛ばされる危険が減ります。

 ▼わたしのLINEのお友達登録


 ▼わたしのツイッター

 ▼わたしの携帯電話ホームページ
成功の道はまず環境

△詳細

☆VPSとは高価なサーバーPCを、
 遠隔操作で安値で自宅などの
 パソコンなどで使える、
 レンタルサービスです。

☆マイクラなどのゲーム配信も、
 VPSなら簡単に楽しめるかも♪
 
☆MT4などの自動売買ソフトは、
 VPSで稼動しないと困難です。

 これを自分でサーバー稼動を
 すると、個人で24時間ずっと
 管理し、初期費用もサーバー
 は多人数でPayできるので、
 割が合いません。
 
☆安値なパソコンでも、高収入を
 見込めるサーバー・プログラミ
 ングなどをVPSなら安く学べ、
 儲かるアプリも作れます。


▽アプリを作ったらホームページで
 宣伝しよう

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ 月額400円(税別)から最大容量100GB WordPress専用高速サーバー Z.com WP
安全な不労所得は…


安全
▼ウイルス予防は接触感染
 予防で、いつも使い捨て
 手袋をすることです。

宇都宮製作 クイン ポリエチ手袋 L100枚

新品価格
¥251から
(2020/2/13 03:52時点)




▼花粉症対策=排ガス・ウイルス対策

花粉対策にバイカースタイル パット付き サングラス 6109-3 ブラックレッドxシルバーミラースモーク 携帯用ソフトケース付

新品価格
¥2,400から
(2020/2/13 03:55時点)



▼日焼け止めなどもマスク!
 
日焼け止めは、ビジネスで
儲かるだけでなく、
癌対策などにもなります

UVカットフェイスカバー (フェイスマスク)B型【テニス・登山・スポーツ観戦などに】 (マイルドベージュ)

新品価格
¥2,948から
(2020/2/13 04:16時点)

FXをするとお得がもらえるサイト♪
初心者でも簡単♪楽♪
自動売買なら知識がなくても、プロなシステムがトレードします。自分でする裁量トレードだと意外と損をします。
アイネット証券[アイネットFX]